クラウン

リブランの定番一番人気のケーキ「クラウン」。クリームたっぷりのケーキです。
旬のイチゴを使用したおすすめのいちごケーキです。イチゴの酸味とあま~いクリームがGOOD!中にごろっとは入ったイチゴが嬉しい♪幅広い年代の方に人気で、お子様からご年配の方まで多くの方にお買い求め頂いております。

クラウンに合うクリームを厳選し、使用しております。ミルク風味の強いクリームで、イチゴとの相性、口に入れた時の贅沢感をより感じられるものを選びました。
多くのみなさまに愛され続ける、ロングセラーの「クラウン」。特別な日にぜひ、ご利用くださいませ。

432円(本体価格:400円)

『クラウン』誕生までの歩み
【当時のコンセプト】
お菓子の王様を作りたい。
(冷蔵庫も普及していない時代に生クリームを使ったケーキは、当時大変珍しかった。)

【誕生ストーリー】
1970年頃開発

開発したのは現会長の夫人が考案。
30歳の時にヨーロッパに留学し、本場で学び、パティシエール(女性パティシエ)の草分け的人物であった。

「お客様にもっと贅沢なケーキを楽しんでもらいたい!
そのために、たくさんの生クリームを使ったケーキを作りたい!」
そんな想いから始まった「クラウン」

当時は大変高価だった生クリームをたくさん使う為に、
平面型ではなく、ボール型を採用。ボール型はサンドと違い、生クリームをたっぷり使うことができるためである。
販売当初は、中にイチゴではなくピーチを入れていた。上の飾りつけはイチゴ。
生クリームとピーチをスポンジで包み、さらに生クリームで飾りつける、大変贅沢なケーキだった。

完成した「クラウン」は、全国ではじめて「ボール型のケーキをカットしたケーキ」として販売開始。
全国的に話題になり、全国からたくさんのパティシエが見に来るほどに。

その後、人気のケーキとなった「クラウン」だが、
時代に合わせ改良・改善を行い、イチゴを丸ごと入れるようになった。
イチゴを利用するようになりさらに人気が高まった。

以来、約50年もの間、富山県民に愛され続けている。

【名前の由来】
ケーキ(ホール)の形が王冠に見えたことと、
現会長(松井信夫氏)が大の車好きで、当時の高級車である「クラウン」が好きで
高級なケーキであるよう願いもこめて、「クラウン」と名付けた。